ライブイベント 第2弾 決定

石田ショーキチ アコースティックツアー Plus
・Walk along with you -Summer again-

2012年9月2日 
THE YARD 北海道帯広市西8条南10丁目3-4
OPEN 17:00 / START 18:00

前売り予約 3,000円、当日3,500円 (別途要ドリンク代)

・チケット予約
ticket@theyard-cafe.com

  • お名前
  • 電話番号
  • 予約枚数

以上、明記の上、メールをよろしくお願いいたします。
こちらより代金支払い方法等のメール返信後、お振り込みいただき確認しましたら、
予約完了のメールをお送りいたします。

携帯メールで予約を頂いた場合、迷惑メール設定等で
パソコンからの返信を受けられない場合もございますので、
可能であればパソコン・メールからの予約をお願いいたします。

ライブ当日、お店の営業はランチタイムの11:00~14:00までになります。

・お問い合わせ先
THE YARD
0155-22-5740
ticket@theyard-cafe.com


石田ショーキチ

石田ショーキチ
(イシダショーキチ/SHOKICHI ISHIDA)

1968年生まれ シンガーソングライター、ギタリスト、サウンドプロデューサー、レコーディングエンジニア。国立沼津高専電気工学科卒。日本工学院専門学校レコーディングクリエーター科講師。

1993年Spiral lifeでポリスターよりデビュー、60~70’sポップスとサイケデリックとオルタナティブとエレクトロニカをミクスチャーしたサウンドでいわゆる渋谷系の異端児として人気を博し、横浜アリーナのライブで解散。97年にはプロデューサーチームScudelia Electroを率いてポリスター、ワーナー他より8枚のアルバムを発表、逸早くエレクトロロックサウンドを確立する。2004年にはL-Rの黒沢健一やスピッツの田村明浩らとMOTOR WORKSを結成、ドリーミュージックからリリース。2007年にはキングレコードより待望のソロアルバムリリース。

あの伊藤銀次を以ってして「グランジ界のナイアガラ」と呼ばせる、オルタナティヴ/エレクトロニックサンドと60〜70’sブリティッシュポップを規範にした徹底的な美メロ主義に加え、20世紀の全てのダンスミュージックの要素を内包する「ロックンロール・ハイエナジー・サウンド」は高い評価と支持を受け続けている。

プロデューサーとしての作品数も70枚以上に及び、代表作にスピッツやCOCCO も名を連ね、自らレコーディングエンジニアまで手を広げる音工マルチ職人だが、プロデュース作品にいわゆる「自分印」を付けることを嫌い、「そのアーティストらしさ」を全面に出す方針を徹底しているアーティスト全力応援主義者。
学生時代に専攻したデジタル理論もあって電気・電子機械/機材の構造・理論に強く、いわゆる都市伝説系のまゆつば論を鼻で笑う現実主義者で、音楽家のロマンを電気信号に正しく変換し記録することがプロデューサー/エンジニアの使命と考える。

演劇や映画への楽曲提供も多くフィールドの垣根を超えた広い音楽活動が特徴だが、2011年夏から始めたアコースティックツアーはこれに輪をかけ、新幹線嫌いで鈍行電車で各地を廻り蕎麦/饂飩の食べ歩きを嗜むある種の旅芸人化が加速中。

ギター一本での演奏でもいわゆる「弾き語り」的なしんみりしたものではなく、観た人に「一人の演奏とは思えない!」と言わせる豪放なロックサウンドが信条。国産(特に変形エレキ)ギターに拘る自称ギター右翼。男は黙ってヤイリギター。
家族は妻と三人の子供と老猫。趣味は機械修理と中華料理作り。FC町田ゼルビアサポーター。口癖は「ロックンロール」。

Official web: http://scudelia.net


石田ショーキチ アコースティックツアー Plus
Walk along with you -Summer again-
Tagged on: