講義場所
ここで講義

講義:

  • ホロカトマム山林のご紹介(圓尾ホリッジ圭美)
  • 北海道における野生生物の観測 (平川 浩文, 森林総合研究所北海道支所)
  • 森林におけるコウモリ調査について (デイビッド ヒル, 京都大学霊長類研究所教授)
  • 冬眠するコウモリ? 雪中で発見されるコテングコウモリ(平川 浩文)
  • 音声コウモリおとり器具オートバット(英国サセックス大学コウモリ研究班による開発) のデモンストレーション(デイビットヒル教授)
昔はホテル従業員の寮
昔はホテル従業員の寮?だったみたいです。馬車とか走ってきそう。
デイビッド ヒル教授
デイビッド ヒル教授 日本語で説明をしてくれました。
三人
三人で英語トーク。英語をしゃべれるようになりたいと思った瞬間でした。
バットディテクター
秘密兵器バットディテクター。

これが無いと、コウモリの声が聞けません。人間の耳は20kHzくらいが限界。それ以上は聞こえないので聞こえるように補正してくれる機械。


ホロカトマム山林看板
ホロカトマム山林でいよいよ本番。熊でませんように。
ホロカトマム山林
恐ろしや〜恐ろしや〜

と、こんな感じの講義を受け。ホロカトマム山林に移動。
コウモリの活動は、だいたい日の入り後から1、2時間の勝負でしょうか?

機会で練習したのとは違って、さすがになかなか声をとらえられない。
しかーし、こんなとことで才能が芽生えたのか、すぐにバットディテクターの使い方も基本的な事は理解して、かなり奇麗にコウモリの声を録音できました。食事中のコウモリの声、何段階かの周波数域で録音。

4種類くらいのコウモリの声が聞けたそうです。中にはここでこのコウモリが!みたいなのもあったみたいです。デイビッド教授は穏やかな感じの方ですが、内心テンションあがっていたのでしょうか?

と、夢中になっていると周りは、真っ暗。
他の方達は気にしていないのか、私たちだけヘッドランプを点けて(控えめに)ました。(本当は笛とか吹きたかった。)

コウモリ調査中
コウモリ調査中

また、月曜日に行く予定なので、録音できるようコードを持っていってみようかな。

今日からは、ネットで捕獲したりして、種の特定とかしていくみたいです。

帰りの山道では、車の中からナイトサファリ状態。キツネやシカなどちょこちょこ道にでてきて、その姿を見せてくれました。


追記


この音は、音声コウモリおとり器具オートバットの音をバットディテクターで録ったもの。

50kHzとかだと聞こえないので、それを1/10の速さまで遅くして聞こえるようにしてるらしい。5kHzという事なのかな?ちなみに音波は波なのですが、1秒に何回波があるかがHz(ヘルツ)。波の数が多ければ高い音になるのですが、オーディオ好きな人は解ると思うんですが、、、

本調査に行って、本物を録音できたらまた載せます。

ホロカトマム山林 コウモリ調査 2012.08.04
Tagged on: